DUNEカーボンorDUNEアルミ

FOXYに続いてDUNEの比較インプレッションを。

DUNEはいわゆるエンデューロカテゴリーのバイクです。
FOXYをより下り向けにしたバイクで、その分登りは犠牲になってます。

店主は2015モデルのアルミDUNEに乗っていましたが、2017モデルのアルミDUNEに乗ったときの感想は
剛性が適正化されたなぁと思いました。
2017は動きも軽くなってガチッ!って感じです。

リアバックの補強が追加されてリアの動きが良くなってます。
どんなコースでもどこまでも付き合ってくれるマシンですが、それなりにパワーも必要ですかねw

対してカーボンDUNEですが、適度な優しさがあります。

カーボンならではの自由度の高い設計が可能なので、剛性と軽さ、しなやかさを高い次元で兼ね備えています。
また、造形の自由度も高いのでリアユニットの選択肢が増えます。
DUNE RRはFLOAT X2、DUNE XRにはDHX2が装着されていますが、これらのユニットはアルミDUNEにはクリアランスの問題で装着できません。
これらのリアユニットを最大限活かす事ができるフレームですので、剛性も高くリンクもスムースに動きます。
リアユニットの個性が異なってくるので、そのあたりは好みが出るかもしれません。
(ちなみにDUNE RRに装着されているFLOAT X2は店主お気に入りです^^;)

そして、カーボンの軽さはやはり武器になります^^;
下り重視といえども、登りがラク。
すべての動作がラク(速い)。

どちらのDUNEもかっとび系・下り重視な人には超おすすめなバイクですが、乗り比べるとカーボンが欲しくなりますね~
なので自制心に不安がある方はカーボンに乗ってはいけません(笑)

アルミのコスパの高さも半端ないですから。。