FOXY、カーボンにする?アルミにする?

梅雨空の今日このごろみなさまいかがお過ごしでしょうか^^;

お店にFOXYDUNEともにカーボンモデルとアルミモデルがあるので、本日はFOXYのそれぞれの特徴を書いてみたいと思います。
(FOXYはリア140mmストロークのバイクです)

アルミFOXY君は昨年モデルよりリア剛性が上がり、リアサスがさらによく動く印象です。
BOOST規格になったことと、リアバックのステーが増えたことによるものだと思います。
お店に置いているFOXY(アルミ)2台はフロント140mm150mmのストローク。サスペンションメーカーの違いはありますが、どちらのストロークでも相性は良いです。
キビキビと、どんなコースでも毎日楽しませてくれる優等生。
2015DUNEより下りも面白いかも!っちゅうくらいシャキシャキ気持ちいい!

一方のカーボンFOXY君はノンBOOSTですが、リンク周りの剛性抜群。これまたリアサスがきれいに仕事してくれます^^;
素性の良さは同じですが、カーボンのしなやかさがあるかな。
で、アルミとの違いはズバリ軽量な点です!
上りでの恩恵、下りではヒラリヒラリのトントントントンッって感じ^^;
同じスピード、ライン取りの場合、圧倒的に体力の消耗が少なくなります。セーブできた体力をスピードにプラスするもよし、ロングランに振るもよし。といったところでしょうか。
軽さの恩恵をどこに使うかでキャラが豹変しますw

アルミ&カーボン、FOXYは本当によくできたオールマウンテンなバイクです。
上り・下りともに高いレベルで楽しめます。

どちらも良いバイクなのでオススメを絞りにくいのですが、
予算が許すならぜひカーボンを。まず後悔しませんw
日常的にガンガン使い倒すぜ!って方はアルミでOK!だと思います^^;

より下り向けなDUNEの比較はまた次回にでも!